2019年05月09日

チョコ付き講話にご興味あるかたは、ご連絡お待ちしております。


チョコ付き講話「勇気のでるチョコばなし」 


困難を切り開く勇気と希望、命と健康の大切さ、夢の実現など、逆境を乗り越え夢の実現を果たした波乱万丈の実体験から学んだお話を、時にはチョコをつまみながら話します。
テーマは様々ございます。
ご興味があるかたはご連絡お待ちしております。  


●プロフィール 

上原 晋(うえはらすすむ) 

1968年7月生まれ。群馬県吾妻郡出身。 

手づくりショコラ工房アカリチョコレートオーナー。 


1968年 一卵性の双子で生れるが、先天性の視力障害があった。 

シングルマザーで祖母に預けられ育つ。 

1976年 良く見えないまま過ごし小学2年からハードコンタクトレンズを使うが黒板の文字は見えない学校生活。 

1990年 50%成功確率の目の手術に挑む。失明のピンチは回避するが左目の視力がゼロになる(22歳)

1991年 育ての親である祖母に末期ガン。病室に寝泊まりし最期まで看病。 

1993年 指圧はりきゅう国家資格取得を目指し東京へ…
カーネルおじさん像が手まねきしてる気がして池袋のKFCでバイトを始める。 

1996年 東京〜群馬県〜栃木県のケンタッキー・フライド・チキンへ転勤、カーネルおじさんの奇跡がつづく。 

2001年 獨協医科大学で角膜移植し、左目の視力を取りもどし、夢の実現のために脱サラ。
パティスリーとショコラトリーで修行。 

2008年 手づくりショコラ工房アカリチョコレート開業(39歳) 

人気は栃木県名産の大谷石をモチーフにしたクリスピーチョコ「大谷の石畳・おおやのいしだたみ」(第30類菓子、パン、登録商標)、鹿沼名産深岩石をモチーフにした「深岩石のクリスピーショコラ」、オランジェットなど20アイテム前後を製造販売する。 


●お問い合わせ 

電話0289635078

メールする cacao@acariechocolat.com 

〒3220037栃木県鹿沼市中田町1066 

担当上原 

#勇気のでるチョコばなし
#CSR
#勇気づけ
posted by susumu at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演など

2019年02月15日

チョコは心のぬり薬

20190214_171151.png20190215_135231.png20190204_111932.png
 
鹿沼市社会福祉協議会様を介して、クリスピーショコラ3キロを寄付させていただきました。
栃木県立盲学校様と児童養護施設ネバーランド様の2ヶ所です。

この時期バレンタインデーで忙しくて私は届けられませんが、子供たちが喜ぶ姿を想像すると嬉しくなります。

こんな手紙を添えました。


チョコは心のぬり薬

僕は生まれた時から目が悪くて、みんなのように流れ星や本の文字が良く見えなくて大変でした。

なんで僕だけ見えないの!と悲しくなりました。
そんな時いろんなチョコレートが僕を喜ばせてくれたんです。
ガサガサ!
サクサク!
ガリガリ!
とろ〜り!
口や歯から感じるいろんなチョコレートが大好きになりました。

お父さんやお母さんがいない寂しさもチョコレートが消してくれました。
チョコレートを食べると、元気や勇気が出るんです。

いつか大人になったら強くやさしい人になって、お菓子屋さんをやるんだ!
そして毎日好きなだけチョコレートを食べるんだ!
そんなふうに不自由な子供のころ思っていました。

大人になった時、目の手術をしましたが、左目がほとんど見えなくなり悲しくなりました。
次の年、お母さんお父さん代わりに僕を育ててくれたおばあさんか亡くなりました。
悲しいことがたくさんありましたが、自分が今できることを一生懸命やりました。

30歳を過ぎて角膜移植という目の手術で左目が見えるようになりました。とてもうれしかった!
この時、病院のベッドの上でチョコレート屋さんをやろうと思いました。

みんなを明るくあたたかく照らす灯りのようでありたいと、アカリチョコレートという店名にしました。

僕にとってチョコは心のぬり薬です。

みなさんもサクサク!ガリガリ!
自由に楽しくチョコを食べてみてください。

手づくりショコラ工房アカリチョコレート

オーナーショコラティエ上原すすむ

posted by susumu at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月21日

勇気のでる体験プログラム

20181121_135333.png
 

本日は5年目となる文星女子高等学校フードデザインコースの授業で「勇気のでるチョコばなし〜チャレンジする勇気!天国と地獄のチョコゲーム付き」出張チョコ講話。
今回は勇気のでる体験プログラムを持込みながら、私の過去からチョコ屋に至るまでの話とテンパリングデモンストレーションとチョココーティング実習を約3時間。

女子高生の素直な反応が、とても良い学びになりました!ありがとうございます!また来年会いましょう!


#栃木県アイバンク#角膜移植#勇気のでるチョコばなし#勇気のでる体験プログラム

posted by susumu at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演など